真田丸のあらすじをネタバレ!

Pocket
LINEで送る

大河ドラマ『真田丸』のあらすじをネタバレ!

毎年のようにNHKの大河ドラマは、次に何をやるのかということで話題になりますよね。

ここ数年は視聴率の低迷が叫ばれていますが、それでも注目を集めるドラマであることは間違いありません。

2016年度の大河ドラマは、先日行われた制作発表によると、真田幸村(信繁)をテーマにした真田丸と決まっています。

スポンサーリンク

真田丸とは

真田丸とは、大坂城の南部に真田幸村が築いた出城のことであり、この出城から壮絶な戦いを行ったことで有名です。

真田丸 あらすじ ネタバレ

主役となる真田幸村(信繁)を演じるのは、近年話題の俳優さんである堺雅人さん。

半沢直樹のように大ヒットとなるでしょうか??

真田丸のあらすじをチェック!

真田丸の気になるあらすじですが、今回の脚本は三谷幸喜さんとなっており、原作のない大河ドラマが続きますね。

ですので、ネタバレとなるようなあらすじは少ししか出回っていません。

以下、少しですがあらすじをネタバレしていきます。

※追記

詳しいあらすじが発表されました!こちらからご覧いただけます。

⇒真田丸 1話のあらすじネタバレと感想

 

武田信玄の死から9年、隆盛を誇っていた武田家は、信玄の死をきっかけに急速に衰えていた。

武田家に仕える地方豪族に過ぎない真田家は、武田家が衰えたことで大きな後ろ盾を失ってしまっていた。

列強の戦国大名たちが群雄割拠する中、時には有力武将に取り入り、時には裏をかき、知恵と勘を頼りに戦国の大海原を泳いでいく。

 

以上が真田丸の簡単なあらすじというか、エピローグです。

もう少し詳しいあらすじが発表されたらまた追加します。

とりあえず今回分かったのは、信繁の青年期から描かれる事。

子供時代は描かれないそうです。

では、具体的に何年から何年まで描かれるのが、史実を元に年表を見ていきましょう。

こちらの方がネタバレ要素高めです。

真田丸の年表

1582年

  • 武田家滅亡
  • 本能寺の変
  • 信繁の父・真田昌幸が徳川家康の家臣に
  • 徳川家と北条家が和睦。その条件として真田家の沼田領が北条家の手に

1585年

  • 沼田領の問題で昌幸と家康が決裂。昌幸は上杉家の家臣に
  • 信繁が人質として上杉家へ
  • 昌幸が徳川軍を上田城で破る

1586年

  • 上杉景勝と徳川家康が羽柴秀吉の家臣に

1587年

  • 人質扱いだった昌幸が正式に秀吉の家臣に
  • 秀吉の命令で昌幸が再び家康の配下となる
  • 信繁の兄・信幸と家康の娘・稲(小松姫)が結婚

1589年

  • 秀吉が沼田領を真田家の領地と定める
  • 沼田領の名胡桃城が北条軍に攻略される
  • 激怒した秀吉が小田原出兵を宣言

1590年

  • 小田原・北条攻めに真田家も出陣

1600年

  • 信繁と昌幸は西軍に、信幸は東軍につく
  • 信繁&昌幸が上田城で徳川秀忠軍(家康の息子)を翻弄。真田家の活躍により秀忠は関が原の戦いに間に合わず
  • 西軍、関ヶ原の戦いで敗北
  • 信繁と昌幸は高野山の九度山で隠居・幽閉

1611年

  • 昌幸、九度山で死亡

1614年

  • 大阪冬の陣。信繁が真田丸を築く
  • 信繁が九度山を脱出して大阪城へ

1615年

  • 大阪夏の陣。信繁戦死(享年49)

上記が、簡単な真田丸の時代の年表です。

色々盛り上がる箇所はありますが、真田幸村が主役であり、しかもタイトルが真田丸とくれば、

 icon-check-circle 関ヶ原の戦い

 icon-check-circle 大坂冬の陣

 icon-check-circle 大坂夏の陣

の3つがメインとなってくるはずです。

特に大坂夏の陣では、徳川家康の本陣へと攻め込み、馬印を倒すという勇猛な活躍を見せているので、ここが最も盛り上がるポイントになるでしょう。

真田幸村率いる真田軍勢のすさまじさには、徳川家康も自害を覚悟したほどではありましたが、最後は兵力に勝る徳川勢に軍配が上がります。

大坂冬の陣における活躍から、再三再四行われた徳川家康からの誘いを断り、最後まで豊臣家に忠義を立てて死んでいくといった様は、日本人好みなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

オリジナル脚本を楽しもう!

先程も申し上げたとおり、真田丸には原作がないので、詳細なあらすじはドラマが放送開始されないとわかりません。

ポイントはある程度わかるものの、結末まで見通すのはむずかしいです。

僕は大河ドラマに限らず、ドラマを見る時は原作をけっこう読みます。

それで、ドラマと原作の違いを楽しんでいます。

しかし、オリジナル脚本の良さもありますよね。

それは、「次の展開がわからないからドキドキする」

これこそが純粋な楽しみ方だとも思います。

なので、真田丸に関しても、純粋に楽しませていただく事にします。

また、原作ではありませんが、真田幸村関連の本を読んで予習しておくのは、ドラマをより深く楽しむためにも良いと思います。

10倍真田丸 本2

⇒無料で試し読みする

⇒真田丸 1話のあらすじネタバレと感想

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

4 Responses to “真田丸のあらすじをネタバレ!”

  1. tera より:

    私は4年前迄、九度山に26年間住んでいました。
    高野山は現在高野町になっていますが、
    九度山は高野山の麓にあり、九度山村と呼ばれてました。明治に九度山町(くどやまちょう)になりましので、
    高野山領と書いたほうがよろしいかと思います。

    • 真田幸丸 より:

      コメントありがとうございます。
      それは知りませんでした。
      教えていただきありがとうございます。

      ただ、色んな資料に九度山と書いてあることから、その方が分かりやすいと思いますので、あえてこの記述のままにしておきます。

  2. tera より:

    因みに九度山町の隣町の、かつらぎ町に息子の知り合いで、
    望月六郎さんの子孫が住んでいます。

  3. てる坊! より:

    今回のNHK大河ドラマ「真田丸」は①出演者の多さ(武将・他)!

    ②戦国の流れの速さ!に圧倒されてしまいます!史実を元に

    予習をしながら楽しんでいます!これまでで気がかりな事は、

    <きり>が九度山まで信繁に付いて来ている事から信繁の

    子を産みたい<きり>の恋心が成就されたらいいのになと

    私は思うのだが、皆さんはこの事をどう思われますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ